まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:鶴田町 ( 8 ) タグの人気記事

ツル多はげます会 ~『ハゲ川柳』出版しました~

 明日は仲秋の名月。鶴田町では、「ツル多はげます会」のまん丸お月様を楽しめる「有多毛(うたげ)」が開催されます。

 これまで本ブログも紹介していますが、平成元年に鶴田町の竹浪正造さんら13名で設立した「ツル多はげます会」は、設立日の2月22日(ツルツルの日)と旧暦8月15日(中秋の名月)の年2回、「有多毛(うたげ)」と名づけられた例会を開催し、会員同士、様々なイベントを通じて交流を深めています。

d0007875_9473956.jpg


 「有多毛」のメインイベントといえば、やはり「吸盤綱引き」。
 会員同士が自慢の額(ハゲ頭)にくっつけた吸盤を紐で引っ張り合うというインパクトの強さから、これまで、さまざまなメディアに取り上げられてきました。
 会の名前は知らなくても「吸盤綱引き」は知っている!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

d0007875_9481091.jpg
1対1の真剣勝負! 横綱目指して火花を散らしています。


 その吸盤綱引きを「ツル多はげます会」の体育会系イベントの最高峰とするならば、文化系イベントの最高峰が「ハゲ礼賛川柳」。
 「ハゲをポジティブにとらえ、心から楽しみ、ハゲを通じて世の中を明るく照らす平和な活動を展開する」という会の趣旨に基づき、川柳をたしなむ会員らにより年1回開かれる句会では、頭部への思いがいっぱい詰まったユーモア溢れる「ハゲ川柳」が披露されてきました。

d0007875_9484591.jpg


 このように、これまで数多く詠まれてきた「ハゲ川柳」ですが、「是非、多くの方にご覧いただき、心の癒しにしていただきたい」との須郷会長や会員の熱い思いが実り、先月、厳選した83句が『ハゲ川柳』(ツル多はげます会/著、竹浪正造/絵)として河出書房新社から出版されました。
 また、会創設者で、昭和30年から毎日、絵日記を書き続けていることでも知られる竹浪正造さん(98)が新たに書き下ろしたイラストが添えられ、さらに川柳の面白さが引き立ち、読み進めるほどに笑いが増幅していくこと間違いなしの1冊となっています。

d0007875_9493033.png
「ハゲ川柳」と竹浪さんの挿絵。トレンディーエンジェルも大推薦の1冊です。


 この他にも、会設立までの経緯や活動内容、ハゲ型分類表、さらに巻末には入会申込書と、会の情報が満載ですので、入会をお考えの方、ハゲをポジティブにとらえて生きていきたい方には、実用書・参考書としてもご活用いただけるのではないでしょうか。

d0007875_9495394.png
現在、ハゲ型は6分類。新しい型が発見された場合は、随時追加します。


 設立から28年が経ち、現在、会員数は59名を超え、全国に支部を持ち、また、会の未来を担う青年部まで立ち上がったハゲの総本山「ツル多はげます会」は、「鶴田町を世界のハゲの聖地」にすることを目標に、これからも“ピカピカ”“キラキラ”輝いていきます!

d0007875_9505100.jpg
日本一長い木造三連太鼓橋「鶴の舞橋(鶴田町)」にて…


ツル多はげます会facebook
https://www.facebook.com/tsurutahagemasukai/

『ハゲ川柳』(ツル多はげます会/著、竹浪正造/絵、河出書房新社、1,000円(税別))は、青森県内をはじめ全国の書店、オンライン書店で絶賛販売中です。
詳しくは、河出書房新社「ハゲ川柳」サイトをご覧ください。http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309024912/

by MJ
by marugoto_aomori | 2016-09-14 10:02 | 青森人 | Comments(0)

鶴の舞う街でアートな体験

♪お~くせんまん、お~くせんまん♪
総工事費2億6千万円をかけ、平成6年(1994)7月に開通した「鶴の舞橋」。
鶴田町にある廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)は、岩木山の雄大な山影を湖面に映し出すことから、通称「津軽富士見湖」と呼ばれています。この湖にかかる長さ300メートルの鶴の舞橋は、三連太鼓橋では日本一長い木橋であり、その名のとおり、鶴が羽を広げて優美に舞うような姿をしており、鶴と国際交流の里・鶴田町のシンボルともなっています。
d0007875_12553915.jpg

木の橋だけに「日本一なが~いきの橋」。
鶴は長寿のシンボルでもあり、ここ鶴田町はここにも、そこにも、いろんなところに鶴をあしらったデザインを見ることができ、驚きと発見に満ちた町になっています。
JR五能線の陸奥鶴田駅の駅舎も赤いアタマの鶴が羽を広げた形をしてますし、ゆとりの駐車帯のトイレや時計、郵便局・・・と、どんだけこだわってるのか(はぁ)
d0007875_13352100.jpg

d0007875_1342320.jpg


d0007875_134564.jpg


d0007875_1353994.jpg


ちなみに、タンチョウは、ツル目ツル科ツル属に分類されるツル。そして、アタマの赤い部分は、皮膚が露出しているんだとか!そうか、ツルッ○○だったのか!道理で、ツルツル頭の元気な父さんたち「ツル多はげます会」が、ここ鶴田町に生息しているわけだ。
本物のタンチョウは、津軽富士見湖畔にある丹頂鶴自然公園で間近に見ることができます。
d0007875_1371424.jpg

そんなオモロイ鶴田町に、マジメな感じの「鶴田町歴史文化伝承館」があります。
ここは、平成16年に廃校となった水元小学校を活用した施設です。明治9年(1876)創立、昭和9年(1934)に築造されたヒバ造りの木造校舎は、町文化財に指定されています。廊下は今でもツルツルに磨かれています。あのNHK大河ドラマ「いのち」の運動会のシーンのロケ現場としても有名です。(わがるヤツだけ、わがればいい)
d0007875_1382669.jpg

d0007875_1312077.jpg

この昭和のかまり(=匂い)がぷんぷんする体育館で、ふるさとアート体験フェアが開催されています。9月20日(日)からの3日間、それぞれ、水彩画を描く、親子で似顔絵を描いてみる、写真撮影のコツを学ぶ体験ができます。
d0007875_1315162.jpg

マツコは水彩画にチャレンジ!講師は深浦町出身の画家・櫻庭利弘先生。80歳を過ぎているということでしたが、とてもエネルギッシュな方でした。参加者はまず、マル、三角、四角から自分でイメージしたモノに発展させて描いてみました。そして、大きな紙には、誰も見たことのない宇宙の花を描いてみました。先生は、高校3年生の時、列車にはねられ、生死の境をさまよった時に、この世のものとは思えない花がきれいに咲いているのを見たそうです。久々に絵筆をとって自分のイメージを画用紙に表現するひとときは、自分と向き合う何とも言えない時間でした。
d0007875_13152769.jpg

10月4日の日曜日には、同じ鶴田町歴史文化伝承館で、ふるさとアート体験フェアふれあいコンサートが開かれるそうです。
第1部は、みんなで、音を感じながら、絵で表現する絵画と音楽のコラボレーション。
第2部は、津軽三味線や津軽民謡、和太鼓などの演奏が楽しめます。
みんなで一緒に、思い思いの宇宙花を大きなキャンパスに描いてみませんか!

☆日時:平成27年10月4日(日)
☆会場:鶴田町歴史文化伝承館(旧水元小学校)

17:00 開場
☆第1部 17:40~18:45 音で感じ、絵で表現する絵画と音楽のコラボレーション
☆第2部 19:00~20:10 コンサート
※16:00鶴田町役場発のシャトルバスもご利用ください。
問・申込先 鶴田町教育委員会社会教育班 0173-22-2111 内線215

(マツコHG)

■鶴田町歴史文化伝承館
 問 鶴田町教育委員会 0173-22-2111

■丹頂鶴自然公園
 開園時間:9:00~16:00
 入園料:無料
 問 鶴田町産業観光課 0173-22-2111

■つるた街歩きツアー「鶴をたずねて三千歩」
 鶴田町歩き隊 つるさんぽ
 問 鶴田町観光協会 0173-22-3414

■ツル多はげます会「中秋の有多毛(うたげ)」
 旧暦8月15日(今年は、9月27日(日))、アタマにひもの付いた吸盤をつけ引き合う吸盤綱引き、月に見立てたアタマを誰のものか当てる「平和の光当てクイズ」などを行います。
 問 成田幹事長 0173-22-2153

 
by marugoto_aomori | 2015-09-21 13:28 | その他 | Comments(0)

「鶴の里あるじゃ」の進化し続ける「びっくりパンシリーズ」

d0007875_21441412.jpg

極端なサイズ感の「五所川原立佞武多」をはじめ、食堂の料理のボリュームも多めだったり、何かとデカ盛りの津軽地方西北地域。その中でも象徴的なのが、「鶴の里あるじゃ」(道の駅つるた)の「びっくりパンシリーズ」。

店内に入った途端、ずらりと並んだ巨大パンを目の当たりにして、「えっ、嘘でしょ!」と思うのと同時に、笑いが止まらない、入店した誰もが幸せになれそうなオーラ満載のお店。
写真では、なかなか大きさを伝えきれないのですが、ここの「びっくりパン」は、普通サイズのパンに比べて3~5倍ほどで、ちなみに「びっくり焼きそばパン」は15cm×19cm×10cm
d0007875_21445618.jpg

「びっくり焼きそばパン」や、「びっくりあんパン」など、5種類から販売をスタートしたようですが、アイテムがどんどん増え続け、9年目を迎える現在は30種類ほどに。店内には、所狭しとびっくりパンが並べられています。
その中でも一番人気は、「びっくりバーガー」480円。週末は、多いときで50個ほど、イベント時には100個売れることもあるというのですから、話題性のみならず、地元にしっかり定着しているようです。
スイートチョコ、チョコカスタード、生クリームチョコの3種のクリームがたっぷり入った「むねやけバーガー」という自虐的な商品も。。。
d0007875_21453397.jpg

新商品の「びっ栗(くり)モンブランバーガー」をモンブランケーキの大好きな家族のために購入。ツブツブの甘~い甘露煮の栗とクリームがたっぷり入っていて、食べて食べて減らない?ボリューム感です。
d0007875_21461176.jpg

びっくりパンの他にも、バケツ豆腐など、ユニークな商品満載の「鶴の里あるじゃ」。
次の展開が楽しみです♪
                   byさっちゃん

道の駅つるた 鶴の里あるじゃ
〒038-3524
青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
(国道339号バイパス沿い)
TEL 0173-22-5656
FAX 0173-23-1040
営業時間
09:00~18:00 施設全体
10:30~18:00 レストラン
(17:30ラストオーダー)
10:00~18:00 大豆米加工施設
08:00~18:00 農産物販売
by marugoto_aomori | 2015-03-24 21:53 | 青森食べ歩き | Comments(0)

鶴田町街歩き「つるさんぽ」

最近、街歩きがブームですね。
津軽平野の真ん中、朝ごはん条例の町、鶴田町でも街歩きが始まりました。
ガイドをするのは鶴田町の若い方々有志による「つるさんぽ」。
鶴らしく赤い帽子が目印です。ここは陸奥鶴田駅の休憩スペース。
関係ないですが、棟方志功さんの絵、すごい迫力。
町名は「つるたまち」ですが、駅名は「むつつるだえき」です。
d0007875_11254191.jpg

駅舎も鶴を模してつくられています。
d0007875_11264779.jpg

歩き始めて、すぐに亀発見。めでたいです。
d0007875_1127263.jpg

鶴田町はアメリカのフットリバー市と姉妹都市になってます。
人口の約1割くらいが交換留学でフットリバーに行ったことがあるそうで、国際交流がさかんな町です。
d0007875_11285263.jpg

シブい感じの元居酒屋さんも街歩きコース。
d0007875_11334899.jpg

こちらもしぶい、営業中の銭湯。
d0007875_11351692.jpg

鶴の肉・・・ではなく、ジャンボ焼き鳥。
あんまり美味しそうで、写真撮る前に一個食べてしまったのは内緒です。
d0007875_11353748.jpg

締めは鶴田に来たらお約束の吸盤相撲。この日はお客さんとツル多はげます会の青年部長さんの白熱の勝負でした。
d0007875_11363698.jpg


有名な観光地でなくても、路地裏など地域に密着した場所を、地域の人にガイドしてもらいながら歩くのも意外な発見があっておもしろいと思いましたよ。
この日はモニターツアーの一環で、来年2014年春から本格的に始動するそうです。
あなたも「鶴」を探しに鶴田に行ってみませんか?

<お問合せ>
鶴田町観光協会
住所:青森県北津軽郡鶴田町字早瀬184番地2 鶴田町商工会内
電話: 0173-22-3414

byて~お~

by marugoto_aomori | 2013-11-22 12:00 | 青森の旅 | Comments(0)

ツル多はげます会「仲秋の有多毛」

普通であれば隠しがちなハゲ頭を心から楽しみ、
世の中を明るく照らす平和活動を展開するハゲの総本山「ツル多はげます会」。
年2回開催される例会のひとつ「仲秋の有多毛(宴)」が9月19日(木)開催され、
今回新たな動きがありましたので、前回紹介し切れなかった宴の様子と併せてご紹介します。

その新たな動きとは・・・
「ツル多はげます会東京支部」誕生!です。
その支部長の名は、お笑い芸人「ユリオカ超特Q」さん。
d0007875_1131477.jpg

以前から会の存在を気にしていたユリオカさん。
ぜひ東京支部を設立し、仲間を増やしたいと東京からいらしてくださいました。
役員によるハゲ具合の審査を行った結果、文句なしで入会決定!支部設立も決定!
さっそく吸盤綱引きに挑戦。山田名誉会長から新人教育を受け、
試合に臨みましたが、やはりベテランにはかないませんでした。
d0007875_11304696.jpg

吸盤をくっつける場所、角度、皮膚の湿り具合など、
様々なポイントをクリアして初めて勝利できるこの競技。
意外と奥が深いんです。
殿堂入りともなると、6人相手でも余裕の勝利。
実際に見るとすごい迫力です。
d0007875_11305528.jpg

そして名月当てクイズ。
d0007875_1134616.jpg

丸い穴の中からハゲ頭を出し、誰の頭か当てます。
これが意外と難しい!眉毛まで見えると何となく分かります。
(今回は少し見えました)
また、新しいゲームとして、
目隠しをして誰の頭か当てるクイズも行われました。
こちらは私も体験した結果、「頭の温度」がそれぞれ違うことが
分かりました。目隠しのせいか、手のひらの感覚が研ぎ澄まされます。

さらに、はげます会公認商品として、
会創始者の竹浪正造さんのイラストが入った「スチューベンジュース」が
販売されたことから、会員の(有)津軽ぶどう村の須郷さんに
竹浪さんから感謝状が贈呈されました。
宴会料理で提供されたワンカップのラベルも竹浪さんのイラストです。
d0007875_11345372.jpg

最後は恒例の記念撮影。
d0007875_113543100.jpg

そうそう、交通安全の呼びかけもありましたヨ!
表情から分かるように、もちろん大真面目です。
夜間はライトをきちんとつけましょう。
d0007875_11355330.jpg

会では青年部含め随時会員を募集中です。
一緒に世の中を明るく照らす活動をしてみませんか?
※平均70歳(青年部除く)なので、基本的に激しい活動はしません。
次回例会は2月22日。どなたでも見学可能です。

by o-rin
by marugoto_aomori | 2013-09-20 11:11 | その他 | Comments(0)

ハゲの総本山「ツル多はげます会」始動!

4月もあっという間に2週目に突入、各地で入学式が行われていますね。
初々しい小学校1年生の姿をみると、何だか嬉しくなってニヤけているo-rinです。
突然ですが、いまや「ハゲの吸盤綱引き」で有名な
青森県鶴田町にあるハゲの総本山「ツル多はげます会」。
d0007875_17401024.jpg

こちらのメンバーのみなさんが、この春、ハゲ頭を存分に活用した交通安全運動を始動します!
頭に「交通安全」の旗のついた吸盤をくっつけて、交通安全を呼びかけるとのこと。
明日(4月9日)から開始するので、まだ街頭に立っている画像はありませんが、
こんな感じ。旗はダミーです。幹事長の成田さん、笑顔が最高です。
d0007875_17465055.jpg

見事てっぺんにそびえています。これは小学生に流行るかも!?
こんなツル多はげます会ですが、ハゲ頭をポジティブにとらえ、
世界を明るく照らすことを目標に掲げて会が繰り広げている奥深いハゲの世界について
少し詳しくご紹介します。
まず、はげます会策定の「ハゲ分類表」。
d0007875_17401636.jpg

現在の会員は総退却型・雲上旭日型、こぼれ松葉型が不足しているとのこと。
新しい型が発見された場合には、随時、分類は追加されます。

そして2月22日と中秋の名月に開催される例会「有多毛(うたげ)」。
有名な吸盤綱引きや(こけしトロフィーをめぐり、戦いは繰り広げられます。)
ハゲの賛歌の合唱などが繰り広げられ、有多毛の夜はふけていくのです。
殿堂にもなると、軽トラックを引くことも可能とか。
d0007875_17471334.jpg

d0007875_17415357.jpg

こちら、事前に予約していただければ、誰でも見学可能なんです。
また、今日のような風が強い日は、
帽子と頭を吸盤でつないで風で吹き飛ばされないようにする会員もいます。
便利です。
d0007875_1742177.jpg

そして、今年の2月には、はげます会に青年部が創設されました。
若いだけに完全はハゲ頭ではなくても大丈夫。
将来有望なハゲ頭になると認められる場合に入会できるとのこと。
あくまでハゲ頭を明るくとらえる姿勢、面白すぎます(笑)
青年部の小関さん。中学生の頃はフィヨルドと呼ばれたそうです。
d0007875_17423266.jpg

小関さんも交通安全に参加されるとのこと。
ぜひ津軽にお越しの際は、鶴田の街中を注意してみてくださいね!
頭に吸盤をつけた会員が立っているかも!?

by o-rin
by marugoto_aomori | 2013-04-08 16:51 | 青森の旅 | Comments(4)

学舎レストラン「PATATA」

平成16年3月で廃校となった、青森県鶴田町の水元小学校。
明治9年創立で、昭和11年築の古き良き時代のにおいが
そのままに残る木造校舎は、NHK大河ドラマ「いのち」の
ロケ現場にもなりました。
d0007875_15836100.jpg

実は私の母校でもあり、最近、新たにレストランがOPENしたと聞いて
「また教室に入れるんだ!」と嬉しくなり行ってきました。
○十年ぶりの校舎、当時と全く変わっていなくて、床もぴっかぴか。
現役で通ったおばあちゃんとはしゃぐ孫。小学校の歴史を感じます。
d0007875_1592396.jpg

d0007875_15285361.jpg

d0007875_1595357.jpg

体育館には、鶴田町だけに「鶴凧(つるたこ)」が大きな翼を広げて舞っています。
冬には雪をごっそり入れて、みんなで雑巾がけしたなー。
鶴凧は、毎年8月の鶴田祭に実際に空を舞います。
教室は「丹頂資料室」「伝統芸能練習場」「農機具展示場」など
鶴田町の歴史や文化に関する展示室になっていました。
そして廊下の突き当たりにあるこちら・・・
d0007875_1511787.jpg

当時「購買」だった場所が小さい図書館になっていました。
「12:50~13:10まで貸出中」の看板がありますが
自由に出入りして昔の文集などを読むことができます。

一通り懐かしさで感動したあと、目的のレストランへ。
なんと、校長室もレストランの一部になっていて、
校長先生に見守られながら食事が出来ます(笑)
メニューはパスタ、ピザ、カレーが中心のイタリアン。
パスタには鶴田町の特産小麦「ゆきちから」、
野菜には地元農家の旬のお野菜を使用しています。
友人がオーダーした「夏野菜カレー」は、
野菜がこれでもかとたーっぷり入っていて、スパイシーです。
d0007875_15134893.jpg

d0007875_15145779.jpg

d0007875_1514714.jpg

私が頼んだのは「パタータ特製オムライス」。
卵たーっぷり&ふわっふわ♪
d0007875_1514199.jpg

そしてデザートは「スチューベンホットケーキ」
ソフトクリーム&ソースが濃厚なスチューベン味。
意外とさっぱりしていて、食事の後でもいけます。
(校長先生に見守られ、適度な緊張感が何とも言えません。)
d0007875_15153290.jpg

アルコールも揃っていて、
2階教室を改装した大座敷で宴会も可能。
ピザ作り体験もあるし、子供も一緒に楽しめます。
そして、10月には鶴田アートフェスティバルも開催されるとのこと。
自分の母校が活かされているって、やっぱり嬉しいですね。

by o-rin

<学舎レストランPATATA>
■場所:青森県鶴田町大字廻堰字下桂6-3
(鶴田町歴史文化伝承館内。JR五能線陸奥鶴田駅から車で5分。)
■営業時間:10:00~17:00
■問合先:080-2830-1996(レストラン)
0173-22-2111(内線211)(伝承館)
■その他:ピザ作り体験5名様以上要予約
ディナータイム5名様以上要予約(3日前まで)
※鶴田アートフェスティバル詳細については、上記伝承館問合先まで。
by marugoto_aomori | 2012-08-27 15:48 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

スゴイ名前に囲まれたスゴイさくらんぼ

青森には、
あまり知られていない驚くべき農産物がたくさんあります。

今回ご紹介するのは、
鶴田町「いちばん農園」の「ダイアナブライト」というサクランボです。

ダイアナブライトは、
佐藤錦やナポレオンなどが混在する山形県内のサクランボ園から生まれた自然交雑種。
d0007875_0302313.jpg

親の組み合わせははっきりしていませんが、
大粒で果肉がしっかりしているところは「ナポレオン」、
美しい外観とバランスの良い甘味は「佐藤錦」、
二つの長所を集約したようなサクランボだと言われます。

最大の特徴はなんと言ってもその大きさ。
通常でも12~13グラム、最大で17グラムほどになるダイアナブライトは、
通常の佐藤錦の1.5倍から2倍で、
大きなものは500円硬貨を楽々超えるほどなのです。

しかし、栽培にはとても手間がかかるため、
栽培している人は全国的に珍しく、
青森県ではここ「いちばん農園」だけなのだとか。

サクランボは通常、
植えてから実がなるまで5~7年。
ところが、この「いちばん農園」のダイアナブライトは、
結実までに15年という長い歳月を要したのだそうです。
d0007875_0322864.jpg

花は咲いても実らない年が続き、
同じくダイアナブライトを植えた仲間達は次々と伐採しましたが、
園主の赤城さんは決して切ろうとはしませんでした。

ダイアナブライトを信じ、そして自分を信じたからでしょう。
ここに、信念を貫く青森の生産者の意地と情熱があります。

今では、その素晴らしさが認められ、
JAL国際線のファーストクラスでも提供されています(期間限定)。

そういえば、この品種に関わりのある品種は、
ナポレオン・ボナパルトに由来する「ナポレオン」。
もともとの名を「マリーアントワネット」という「佐藤錦」。
そしてこの「ダイアナ」・・・。
どうりで、すごいわけです(笑)。

ナポレオンと言えば、
今、青森県立美術館で「大ナポレオン展」を開催中ですよ。

by 義人
by marugoto_aomori | 2008-07-30 23:19 | おいしい食材 | Comments(11)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング