まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:鶴田 ( 4 ) タグの人気記事

東京ワイナリー×青森県鶴田町スチューベン

青森ではよく見かけるスチューベン。
東京ではあまり見かけないスチューベン。
大粒でさわやかな味の種無しぶどうが流行ろうとも、私はスチューベンのぶどうらしい濃厚な甘みが大好きです。
そんな中、東京初のワイナリーである「東京ワイナリー」で鶴田町のスチューベンのワインを作っていると聞きつけ行ってきました!

場所は東京練馬区の大泉学園駅から歩いて10分ほどの閑静な住宅街。
近くには23区内で唯一の牧場があったり、東京にいるのに何とも言えずホッコリする場所です。

代表の越後屋美和さん。
d0007875_9321718.jpg

笑顔がとても素敵な印象ですが、ワインのタンクを見つめる目は真剣です。
以前は都内の市場の仲卸で働いていて、その時に出会った東京の農産物のおいしさに刺激を受けて、それを広めるべくワイナリーを始めたそう。

仲卸時代のご縁で、青森県内の生産者さんと知り合ったり、ご親族も青森にいたりで、何となく青森に馴染みのあった越後屋さん。
青森を訪れてスチューベンのワインを飲んだところ、とてもおもしろいと感じたことをきっかけに、自らもスチューベンのワインをつくることを決めたそう。
スチューベンのワインの印象は、香りのよさやはっきりとした味わいを楽しめて、ぶどうそのものを表現しているようなワイン。
自分の好きなワインを作りたいと思いながらやっている越後屋さん。
スチューベンのワインは新酒で楽しめるワインだけれども、熟成させるとどうなるかしら?、スパークリングにしてみようかしら?と楽しみ方が色々ある品種だと感じているそうです。
d0007875_934868.jpg

実際に作ってみると、スチューベンは皮も厚いし、酸もあるし、色も綺麗でワイン作りにむいているようです。
ワイナリーに入ると、ぶどうの香りが立ち込めています。
冬の時期も出荷できる日本のぶどうはスチューベンがほとんどなので、訪問した時はすべてのタンクにスチューベンのワインが詰まっていました。
d0007875_9474996.jpg

東京という土地柄、産地のアピールができることにおもしろみを感じている越後屋さん。
東京ではスチューベン自体を知らない人が多いので、ワインを通じて各地のPRにもつながればと考えています。毎年デザインを変更しているワインのスチューベン2015ラベルは、ぶどうとホタテの絵が描かれていて、何とも青森らしいです!
d0007875_9485090.jpg

青森は地元で長年栽培されているぶどう品種もあるし、西洋品種作りにも積極的で、涼しい気候なので、もっとワイナリーが増えたら楽しいだろうと感じている越後屋さん。
ワイナリーを通じて日本の農業がもっと元気になっていくことを願っているのだと感じました。

東京ワイナリー×青森県鶴田町スチューベンのワイン。
d0007875_950076.jpg

東京でスチューベンの魅力を発信していただきうれしくなるのでした!
気になる方は、東京ワイナリーホームページからもご購入可能です。
数量限定ですが、皆様もお試しあれ~!
(by:JKwiper)


(東京ワイナリー)
住所:東京都練馬区大泉学園町2丁目8−7
TEL&FAX 03-3867-5525
http://www.wine.tokyo.jp/
by marugoto_aomori | 2016-02-19 09:52 | 東京の「あおもり」 | Comments(0)

参上!つるレンジャー

鶴田町。
津軽半島の真ん中に位置する人口14,000人弱、面積46.4平方キロメートルの町。
私の印象ではツル多はげます会、朝ごはん条例、スチューベン生産量日本一の町。

そんな町にこの4月に誕生した「つるレンジャー」。
鶴田町のPR活動や、地域交流、イベントを盛り上げるために一役かっているヒーローらしいです。
そんなつるレンジャーとともに鶴田町を巡ってきました。

岩木山と鶴の舞橋をバックに決めのポーズのつるレンジャー。
手は鶴の首をイメージしているそう。実はスケボーがうまいらしいです。
全長300メートルの鶴の舞橋は三連太鼓橋では日本一長い木橋です。
そこまで限定しなくともという感じですが、美しいフォルムの橋です。
d0007875_2055095.jpg

鶴の舞橋がある富士見湖パークにはこんな施設もあります。
日本初のループ滑り台。日本初や日本一が好きな土地柄のようです。
d0007875_2063117.jpg

次に向かったのは鶴田のスーパーと言えばここ。いきいき生鮮市場タマイです。
ご覧のとおり、カップラーメンの品ぞろえが素晴らしい。
日本一カップ麺好きと言われる青森県民の中でも鶴田町民は上位にランクしそうです。
d0007875_207231.jpg

店長おススメの野菜売り場。でも野菜は買わずにお惣菜コロッケをちゃんとレジで買いました。
d0007875_2074259.jpg

お次に向かったのは陸奥鶴田駅前で鶴田町民に人気の珈琲いしむら。
雰囲気も落ち着いた感じで、ハンバーグランチ(650円)はジューシーでリーズナブル。
おしながきがきれいなつくりで印象的。
つるレンジャーは口が開かない仕様なので、ここでは登場せずです。
d0007875_2094025.jpg

次はどこ行こうと思い、町内をうろうろしていたところ、なんと!ツル多はげます会の方々に遭遇。
テレビの取材があるので、集合して準備していたそうです。
この機会に憧れの全国区の方々と記念撮影させていただきました。
左の方ははげます会青年部長さんだそうです。
d0007875_2092582.jpg

つるレンジャーは、鶴田町の若い方々有志による鶴田活性化プロジェクト「TSURUTA街プロジェクト」の一員。
少しでも町が元気になればと日々ちいさなヒーロー活動を取り組んでいるのです。
皆様も応援してみませんか?

◆TSURUTA街プロジェクトFBページ
http://www.facebook.com/TsurutamachiProject/
◆つるレンジャー FBページ
https://www.facebook.com/hero.tsuru.ranger/

◆珈琲いしむら
鶴田町鶴田生松127-2
電話:0173-22-2851
http://2851.net/
◆生鮮市場タマイ
鶴田町鶴田生松107-1
電話:0173-22-3114

byて~お~
by marugoto_aomori | 2013-06-07 20:23 | その他 | Comments(4)

「鶴の里あるじゃ」にはこんなものがあるじゃ

青森県再デビューから10日あまり。今日はどこへ行こうか悩んでいると、新聞に「特大600グラム米粉バーガー」の文字。これは食さねばならない、ということで、愛車に駆け込み出発。

国道7号線から101号線に入り、大釈迦のトンネルを抜けると、そこは雪国・・・ではなく、津軽の母なる山(かな?)の岩木山が姿を現しました。
d0007875_16581360.jpg
「岩木山がオレを呼んで・・・」いやいや、違う。岩木山スカイラインもまだ開通していない。今日の目的は、いざ「あるじゃ」。

「鶴の里あるじゃ」内の大豆・米加工施設の入口。
d0007875_1449761.jpg
早速「びっくりパン」の文字。ここに目当てのモノがあるじゃ~!

で、早速現物がコレです。
d0007875_14503792.jpg
左が米粉バーガー750円。右が米粉エビカツバーガー850円。中央の◯ックのハンバーガーと比較すれば、その大きさは一目瞭然です。私の顔と比べても、
d0007875_14524976.jpg
この大きさです。
では、いざ試食。あががっ、アゴがはずれる・・・。それならば、ナイフ、ではなく、日本人らしく(?)包丁とハシでいざ。
d0007875_1454428.jpg
米粉のモッチリとした食感、ジューシーな肉、新鮮なトマトとシャキシャキしたたっぷりキャベツ。ウッ、ウマイ!! それではエビカツバーガーも・・・。
d0007875_14581746.jpg
おおっ、このエビのプリプリした食感。これまたウマイ。でも、これ食べきれるのだろうか??

d0007875_170251.jpg
・・・1時間後、何とか完食! さすがに1.2kgはきつかったけど、味もgoodで満足満足です。・・・ん? 待てよ。何か忘れているような?
d0007875_174386.jpg
・・・明日の朝ご飯にします。
by ハッピーハンド

<鶴の里あるじゃ>
北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
0173-22-5656
by marugoto_aomori | 2010-04-12 17:10 | あるあるこんなもの | Comments(6)

雪ぶどう 「スチューベン」

ニューヨーク生まれの 「スチューベン」
スチューベンという名のぶどうを知っていますか?
スチューベンは、ニューヨーク州立農業試験場が育成した品種で、日本には1952(昭和27)年に導入されました。この品種、ぶどうとしては珍しく温暖な地域での栽培は不向きです。しかも寒すぎても生理障害がおこりやすく栽培できません。スチューベン誕生の地”ニューヨーク”と同緯度にあり、雪が冬の寒さから樹を守ってくれる津軽地方こそ、このスチューベン栽培に最も適しているのです。国内に出回るスチューベンのほとんどは、青森県(鶴田町、藤崎町など)で生産されています。
d0007875_1112896.jpg

極甘のぶどう
スチューベンの糖度は20~22度。巨峰は18度くらいですからその甘みの強さがわかります。
日本のぶどうの代表的な甘さ成分は「果糖」と「ブドウ糖」です。「果糖」は甘味が強い反面消えやすい性質があり、「ブドウ糖」はやわらかでさわやかな甘さが特徴なのですが、なんとスチューベンにはそれ以外の甘味成分「ショ糖」がたくさん含まれているのです。「ショ糖」は強い甘さが持続するという特徴があるため、口の中にあのとろりとした甘~い香りが残るというわけです。さらに、低温貯蔵中の呼吸作用によって酸味成分が消費されることも、非常に濃厚な甘味が出現する大きな要因でもあります。

冬の貴重な国産ぶどう
スチューベンは他産地のぶどうが終わる頃に登場します。ぶどうは一般的に貯蔵性が低いため、収穫してすぐに出荷・販売されるのが当たり前です。これは、ぶどうに限らずさくらんぼや桃など果肉がやわらかい果実にとって常識的なことです。
しかし、糖度が高く果肉はやわらかいものの、小粒でしっかりした表皮に包まれているスチューベンは、ぶどうとしては奇跡的な貯蔵性をもっています。だから、収穫直後の9月下旬から翌2月頃までおいしく食べることができるのです。
冬は外国産ぶどうがたくさん出回る時期ですが、スチューベンは同時期で唯一の国産ぶどうと言われています。

おいしい食べ方
スチューベンは、ホルモンによる種なし処理や実を大きくする肥大処理を行っていません。そして、津軽の寒冷な気候のお陰で病害虫防除も最小限に抑えられています。よく冷やした後、口の中でつるりと皮をむき、安心して種ごと飲み込んでください。
かまずに飲み込む。これがスチューベンを一番美味しく食べる秘訣です。
by marugoto_aomori | 2005-12-10 11:04 | おいしい食材 | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング