まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

タグ:黒石 ( 73 ) タグの人気記事

松葉堂まつむらの『干梅』

先日ご紹介した青森の梅干の定番スタイル「いしたのしそ巻梅漬」
その梅干を一回りだけ大きくしたお菓子『干梅』のご紹介です。
d0007875_14121533.jpg

明治時代から四代100年以上の歴史を持つ「松葉堂まつむら」は、黒石のこみせ通りにあります。
d0007875_14123588.jpg

創業当時からある干梅は、ここが元祖ともいわれており、白餡を求肥でくるみ、赤紫蘇で丁寧に包んだ銘菓。
d0007875_14125352.jpg

塩漬けにした赤紫蘇の酸味・塩味、香りと歯応えに加え、しっとりクリーミーな白餡の優しい甘さは絶妙です♪
白餡は薄い求肥でくるまれているのですが、本当に存在を感じないほど薄く、肉眼でようやく見える程度。
その薄い求肥を境に、赤い紫蘇の色と真っ白な餡のコントラストが美しく上品に仕上がっています。
d0007875_1413833.jpg

梅は入っていませんが、地元では昔から梅干菓子(めぼしがし)と呼ばれて親しまれている干梅。
現在、代表を務める松村久美子さんが先々代から「紫蘇巻き梅干のお菓子版だから干梅」と教えてもらったことがあるそうです。
d0007875_1413283.jpg

この干梅に似ているお菓子に、太宰治のふるさと五所川原市金木地区で多く残っている「甘露梅」があります。
こちらは白餡ではなく、小豆餡が入っているのですが、昔は梅干菓子と呼ばれていたということですから、おそらくルーツは一緒かなぁって思っています。(金木町観光物産館マディニーで購入できます)
ルーツ、ご存知の方、情報お待ちしております!!

さて、松葉堂まつむらの干梅は、お店(電話、ファックスにてお取り寄せ可能)のほか、イベントの際には津軽黒石こみせ駅などで購入することができます。
また、インターネット「まごころふるさと便」でもお求めいただけます。
d0007875_14134954.jpg

大正4年、大正天皇が黒石の大演習にお成りの際にもお買い上げになったという黒石名物、松葉堂まつむらの干梅。
創業以来、製法を変えることなく作られている添加物なしの安全安心の津軽のお菓子はいかがですか。
by Kuu

【松葉堂まつむら】
黒石市中町30
tel 0172-52-3574
fax 0172-52-2213
8:00-19:00(不定休)
by marugoto_aomori | 2011-03-29 14:18 | あるあるこんなもの | Comments(0)

山野草が開花しました ~お山のおもしえ学校~

突然ですが、この小さな白い花、一体何の花だと思いますか?
d0007875_149331.jpg
実はこれ、イワヒゲというツツジ科の高山植物なんです。通常、この花が咲くのは7月頃ですが、何と現在、実際に咲いているのです。
季節外れ(?)の花が開花しているここは、黒石市大川原地区にある「お山のおもしえ学校」にある観光山草園「どだれ鉢」です。近くの大川原温泉の廃湯を利用した温室で、100種類ほどの山野草が栽培されています。
d0007875_1410812.jpg
3月末なのに、気温も5度くらいにしかならない寒い日でしたが、室内気温は25度! 電気も灯油も使わず、温泉熱だけでこの気温。まさに究極のエコというわけです。「訪れる観光客の方に、少しでも早く山野草を楽しんでいただきたい」ということで、昨年7月に山草園はオープン。温泉熱を利用した実験を行ってきたのです。そして今、その試みが見事に結実。多くの山野草が1か月半から2か月以上も早く、可憐な花を咲かせています。
d0007875_14115054.jpg
(クリックすると、ちょっと大きくなります。)
イワヤツデ、クモマグサ(赤・白)に・・・
d0007875_1412654.jpg
ツルハナガタ、ヒナソウ、ヒマラヤこざくら・・・
d0007875_14122740.jpg
ミネズオウと・・・えっとすいません、忘れてしまいました。こうした色鮮やかな花に、心もなごみます。外はまだまだ冬ですが、山草園内には春の雰囲気。「来て良かった。花を見て気持ちが明るくなった。」と、来ていたお客さんも大満足です。

この「お山のおもしえ学校」は、廃校となった昔ながらの木造校舎を大切に保存し、そして、来た人が楽しくなるような場所を目指して開校されたものです。板張りの廊下や教室には所狭しと昭和の時代ものが数多く展示され、誰もが懐かしさを感じることができる場所です。この学校については、またの機会に紹介したいと思います・・・が、1点だけお知らせです。
この土日、学校の福士収蔵校長先生の手打ちそばがスタートしました!
d0007875_14241234.jpg
地元でとれた野菜や山菜の小鉢つきで600円(天ぷらは別料金です)。正直言って・・・すごくおいしいですよ!!
by ハッピーハンド

※手打ちそばは、土日祝日のみ(限定20食)です。また、イベントも随時開催していますので、電話でご確認ください。

<お山のおもしえ学校>
黒石市大川原字門尻47-1
0172-54-2505
開校時間 9:00~16:00
休校日 毎週火曜日(4月から)
入校料 大人100円 小人50円(小学生以上)
by marugoto_aomori | 2011-03-28 14:35 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

築100年の蔵でイタリアン SASSO NERO(サッソネロ)

昨年11月にオープンした黒石のイタリアンレストラン「SASSO NERO」。
地元の方に「行きたいんですけど、どこにあるんですかね」ってお聞きしたところ、「黒石市役所の駐車場に入っていげば見えるね。なんも迷わねびょん」とのこと。
「駐車場に入ると見える!?」と頭の中にクエスチョンを浮かべながらも、素直に市役所の駐車場をちょろちょろと車を走らせると、ありました、ありました!!
d0007875_11463345.jpg

蔵を改装した店舗ということは多くのブロガーさんの記事でチェックしていたので、すぐに分かりました。

築100年といわれる蔵の中に入ってみますと、天井が高くてウッディー♪
d0007875_11465535.jpg

イタリアンカラーのカーテン、柱には帯♪
d0007875_11471256.jpg

2時過ぎに着いたというのに地元の奥様たちやカップルが数組、楽しげにお食事されていました。

20種類以上あるメニューの中から選んだのは、エビとカポナータのトマト仕立てマヨネーズ風味(780円)。
d0007875_11472842.jpg

トマトの彩りが綺麗ですよね~~。
その中にぷりっぷりのエビちゃんがゴロンゴロンと入っています♪
d0007875_11474486.jpg

エビとマヨネーズって相性抜群ですよね!!
マヨラーにはたまりませんわ、ヴォーノ、ヴォーノ!!

ランチタイムメニューには、すべてパンとサラダがセットでつきます♪
d0007875_1148117.jpg

ちなみに、一緒に行ったハッピーハンドは、自家製ボロニェーズソース(780円)をプラス100円で大盛りに(笑)。
d0007875_11482015.jpg

お肉がゴロゴロと入っていておいしそうでしたよ♪

食後に、オーナーシェフと奥様とおしゃべりすることができたんですが、サッソネロはイタリア語で黒い石、「黒石」のことなんですって。
オーナーシェフの工藤さんは、東京都内で約30年間、イタリアンの経験をされていたそうです。
地域を盛り上げるためには、体力のある若いうちに!!ということで黒石に戻っていらしたそうです。
なんと素敵♪

黒石には、こういうお料理も空間も人も素敵なお店が増えてきているような気がしますね。
by Kuu

《SASSO NERO(サッソネロ)》
黒石市市ノ町10-1
0172-88-7680
11:00-15:00 (LO14:30)
17:00-22:00 (LO21:00)
定休日 火曜
by marugoto_aomori | 2011-02-16 11:49 | 青森食べ歩き | Comments(2)

こけし灯ろう展示中です!

ここ数日、天気も穏やかでドライブ日和が続いてました。アクセルを踏む右足にも力が入る(もちろん安全運転です)というもので、向かった先は黒石温泉郷。高速道路を使うと、自宅から40分程度で行けるところなんです。
d0007875_10254128.jpg
温泉郷にある津軽伝承工芸館・津軽こけし館では、今、たくさんのこけし灯ろうが展示されています。この灯ろうは、12月4日から1月7日まで「日本一のこけし灯ろう祭」で使用されたものです。
d0007875_10335668.jpg
高さ7m60cm(!!)の巨大灯ろうが2基、1m80cmの灯ろう(これも大きいですよね)が60基も展示され、白銀の世界にほのかな灯りをともしています。また、大きな雪だるまも作られ、胴体部分にともされたロウソクの灯りが、こけし灯ろうの灯りとともに、その場の雰囲気を一層盛り上げています。
「貴賓室」と名付けられているのは、巨大なかまくら。
d0007875_10495288.jpg
内部は大人が数人入れるほどの大きさで、イスが4つもありました。やはり、外に比べると暖かいですね~。内部を照らす1本のロウソクが、何ともいい感じです。
d0007875_10435225.jpg
水面に映った灯ろうも魅力的。手前で写真を撮っている方、さすがにツボをおさえてますね。
こみせ風の通路には、小さな雪だるまもたくさん作られ、子どもたちに大人気のようです。
d0007875_11145394.jpg
顔の表情までひとつひとつ丁寧につけられています。コレ、相当手間がかかってますよ。
そして、今や国民的なアイドル(?)になりつつあるあの俳優も登場!
d0007875_10591462.jpg
ちょっと文字が崩れていますが・・・。「わさお」、いよいよ3月公開です。
指摘いただいた皆様、ありがとうございます。なるほど、うさぎの「ウサオ」ですね。実は、これをみていた人が、「わさおのわの字が崩れてらぁ」と聞いて、私も「わさお」と思い込んでいました。お恥ずかしい限りです(^^;)。

このこけし灯ろうの展示は、「雪の降るさと2011小嵐山・黒石温泉郷雪まつり」のイベントのひとつとして行われているものです。まつりでは、スノーモービルの試乗会や雪の滑り台など、様々なアトラクションも行われています。日中は雪にまみれて楽しみ、夜は灯ろうの幻想的な雰囲気を静かに楽しむ・・・これで気分も
d0007875_1191665.jpg
ニコニコですね。
by ハッピーハンド

ところで、ちょっと気になるモノが・・・
d0007875_11161192.jpg
やきそば酒・・・いつか試してみよう・・・かな?

津軽伝承工芸館・津軽こけし館
黒石市大字袋字富山65-1
0172-59-5300
※こけし灯ろうの展示は、2月27日まで。
 (点灯時間 17:00~19:00)

「雪の降るさと2011小嵐山・黒石温泉郷雪まつり」の詳細は、HPをご覧ください。
by marugoto_aomori | 2011-02-07 11:32 | 青森のアート | Comments(3)

日本発のハンティングブーツ『ボッコ靴』

ここのところ、毎日続いている雪、雪、雪。
青森だけじゃなく、日本全体がすっぽり冷凍庫に入っているような状態のようですね。

ということで、このような厳しい天候の雪国にかつて欠かせなかったボッコ靴のご紹介です。
d0007875_10343796.jpg

暖かさと耐久性が最大の特徴のボッコ靴。
天然ゴム100%、裏地もないのに履くとポッポッと温かいボッコ靴は、昔から寒さの厳しい東北地方や北海道でマタギやりんごの剪定作業、営林業、国鉄の関係者などに重宝されていました。
雪深い津軽の冬の作業にも欠かせなかったボッコ靴ですが、大量生産時代の影響からか、30年以上前から作られていませんでした。

その復活に挑戦したのが、黒石市横町商店街の靴屋さん「スミトモ」の工藤社長。
d0007875_1035023.jpg

当時の愛用者であるマタギやりんご農家からの強い要望にこたえ、既に製造しているお店もなく、材料もない状態からスタートした復活への道。
材料の仕入れの目処が立つまでで10年、その後、当時の職人さんの記憶でおおおその型紙を作ってもらい、それを改善し、サイズを増やし・・・と努力を重ね、平成17年に復活したのです。
d0007875_10415083.jpg

タイプは3タイプありますが、私が一番気に入ったのが「短長タイプ」♪
d0007875_10421044.jpg

マタギに愛用されているタイプで、足首の部分に遊びを持たせ、雪の上でのすばやい動きに対応できるようになっています。
上部にはかんじき装着用のリボンが♪
d0007875_10423150.jpg

更に足カバー(脚絆)を付けるなどして狩りに出掛けるそうです。
d0007875_10425022.jpg

ゴロンとしたフォルムがたまらなくかわいい♪

そして、りんごの剪定作業をする方に愛用されている「半長タイプ」。
これに足カバーを付けて作業をするのが標準装備。

そして、復活の際に登場したニューデザインの「ロングタイプ」。
足カバーなしでも雪深いところでの作業が可能!!と重宝されています。

このリボンがいいよね!!という方、半長もロングも500円の追加でリボンを付けることができますよ♪
d0007875_1043112.jpg

靴底に手書きでサイズが記されているのも、味ですよね♪

ひとつひとつ手作りのボッコ靴を履いてお散歩すれば、雪国生活を楽しくなるかも♪
d0007875_1044529.jpg

興味のある方は、こみせ通りからも歩いて5分くらいなので、是非、のぞいてみてくださいね。
by Kuu

《スミトモ》
黒石市横町1-2
0172-52-2181
by marugoto_aomori | 2011-01-12 10:50 | 手しごと | Comments(5)

Seafood Bar(シーフードバー) 港屋で三厩マグロ

5日行われた築地市場の初競りでは、青森のマグロがお値段で負けてしまいましたが、味なら負けてはいません!!ということで、今日はマグロの話題を♪

歴史ある素敵な建築などが多いその景観にうま~~く溶け込んだお洒落なお店を見かけることが多くなった黒石。
今日は、そんな黒石のお洒落なお寿司屋「Seafood Bar 港屋」のランチをご紹介。
こみせ通りから一本黒石駅寄りの通りにある黒い外観が目印。
d0007875_108769.jpg

入り口には、お洒落な内装を期待させるシックな看板。
d0007875_1082874.jpg

カウンターと小上がりがあるのですが、ちょっと時間をずらして1時に入店と遅めのランチだったため、運良く小上がりの席をゲット♪

オーダーしたのは、『港屋特製マグロ漬丼』(900円)。
d0007875_1084411.jpg

脂ののったマグロの漬けの上に、長いもとタマゴがトッピング♪
絶対、美味しいに決まってるでしょという期待をうらぎらない美味さ♪
長いもとタマゴがつるりとして、最高!!

そして、ご一緒した方がオーダーしたのは、『豪快!!生マグロ丼』(800円)。
d0007875_10916.jpg

こちらは豪快というよりは、豪華♪
バラの花のように盛り付けられたマグロに、葉のようなワサビが添えられ、綺麗なビジュアル♪
こちらも美味しそう♪

ランチメニューには、汁物とお新香、そしてセルフサービスでコーヒーもいただけるということで、お得♪
この日の汁物は、じゃっぱ汁。
d0007875_1091631.jpg

具は、サーモン、かんぱちということで、お寿司屋さんのじゃっぱって感じがしますね。

ちなみに、どちらで仕入れているんですか!?ってお店の方にお聞きしたところ、青森市の中央市場から仕入れていて、マグロは三厩産のマグロということでした。
ちなみに、お洒落なお店の建物は、スタッフ自ら建てたそうですよ。なんとまぁ♪
お酒の瓶もズラリと並んでましたので、是非、夜にも来てみたいなぁ。
By Kuu

《Seafood Bar(シーフードバー) 港屋》
黒石市乙徳兵衛町3
0172-53-7786
11:30-14:00、17:00-23:00
定休 月曜
by marugoto_aomori | 2011-01-07 10:12 | 青森食べ歩き | Comments(2)

紅葉が里におりてきました

とことん青森MAX、いやいや盛り上がってました~。10月末から表参道にいましたが、11月1日のねぶたの運行、すごかったですね~。表参道の秋の気配が、ねぶたの登場で真夏にヒートアップ! という感じでした。

さて、そんな熱気もさめないうちに帰青してみると・・・
d0007875_11401789.jpg
普段よく利用しているバス停付近ですが、完全に秋の風景です。東京に行っている間に、紅葉前線が里にまでおりてきたようです。
d0007875_11451332.jpg
近所には、桜の名所として知られる合浦公園もありますが、ここも今は秋色一色。
d0007875_11514732.jpg
ココは私の通勤路にもなっているので、春の桜と秋の紅葉を楽しみながら通勤できるわけです。・・・結構ぜいたくかもしれませんね。

さて、青森の紅葉といって外せない場所といえば、黒石市の中野もみじ山。と言いつつ、実はまだ一度も行ったことがなかったのですよね~。こりゃイカン、ということで、愛車に乗ってレッツらゴー。
d0007875_120791.jpg
おそらく、一度は写真などで目にしている光景だと思いますが、実物は想像以上に素晴らしかったです(写真が下手ですね)。
中野もみじ山のもみじは、その昔、弘前藩主が京都から取り寄せたそうで、京都の嵐山に対し、「小嵐山」とも呼ばれるようになったそうです。
入口の鳥居をくぐり、階段をおりて朱色に塗られた欄干の橋に来ると、多くの方が橋の上で足をとめ、シャッターを持つ手を忙しそうに動かしていました。
d0007875_14272792.jpg
私も負けずにバシバシ撮りましたが・・・。あぁ、テクニックがなくてきれいに撮れないのが残念。
ちょっと暗くて見えないのですが、もみじ山を取り囲むように渓流が流れていて、それがまた美しい景色を演出しています。
d0007875_14131998.jpg
渓流に流れ込む不動の滝と色鮮やかなモミジは、まさに黄金コンビです。
d0007875_14353935.jpg
(シャッターを長く開けたので、人が透けています。)
中野もみじ山の紅葉は、八甲田で苦しみながら見た紅葉よりも赤が多い感じです。
d0007875_1459519.jpg
真っ赤なモミジというのは、本当にきれい。情熱的ですね。
今年は紅葉が1週間ほど遅れたようで、ライトアップの期間を延長し、昨日まで行っていたようです。しかし、ご覧のように、ここの紅葉はまだまだ見頃です。
個人的には、これだけ真っ赤に色づいた紅葉は、かえって青空の下の方が映えるのではないかなぁと思いますが、どう思います? もっと早い時間から行けばよかったなぁ、と後悔。・・・後悔先立たず、ですね。
by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2010-11-08 12:02 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

Cafe drama

ケクーカフェに引き続き、夏の頃に出掛けたカフェのご紹介です。
「こみせ」と呼ばれる風情あるアーケードが印象的な黒石市にあるCafe drama。
d0007875_1324624.jpg

こみせ通りから「かぐじ広場」に入る角に、今年の4月にオープンしたカフェなのですが、伝統的な街並みにしっくりと調和しながらもお洒落なお店なんです。
d0007875_13243297.jpg

ということで、ランチタイムにお出掛け♪
d0007875_13244835.jpg

素敵な女性店主さんがオーダーから調理、テーブルに運ぶまでひとりでされているのですが、この方がまた素敵女子!!
d0007875_1325638.jpg

この日は、一日一麺さんと、うちのハッピーハンドと3人でのランチ会。
私と一麺さんは、「ガレット コンプレ」をオーダー。
d0007875_13252251.jpg

そば粉のクレープの上に、チーズ・ハム・目玉焼きがのり、グリーンが添えられていて美しいビジュアル。
こちらのクレープには、アップルシードルが少し入っているそうで、ほんのり爽やかな風味がします♪

そして、ハッピーハンドがオーダーしたのは、本日のパスタ「トマトとバジルの冷製パスタ」。
d0007875_13253837.jpg

細いパスタとアメーラというフルーツトマトの甘さが絡み合い、爽やかな一皿♪(またしても味見させていただきました。ありがと、ハッピー。)
アメーラやシードルなど食材は、地域のものを取り入れているそうです。

そして、食いしん坊のワタシは、デザートもオーダー♪
この日のデザートは抹茶みるくチーズケーキ。
ドリンクは大正コーヒーにしてみました。
d0007875_13255539.jpg

大正コーヒーは、大正天皇が飲んだ美味しい黒石のお水を使って淹れた本格派コーヒー。
あまくてやわらかいチーズケーキを口に含みながら、いただくコーヒーは、まろやか♪

壁に映された映像を眺めながら、お料理を待つ時間というのは最高に豊かな気持ちにさせてくれますね♪
どれだけ素敵なスポットかということは、平日のランチ時、女性客やカップルを中心にお洒落さんが続々と入店してくる雰囲気でお分かりいただけるかしら♪
d0007875_13261063.jpg

帰り際、素敵な店主さんに、「アメーラはあめ~ら」ってギャグを言っていたハッピー。
そんな3人組を温かい眼差しでお見送りしてくださった店主さん、またお邪魔しますね♪
by Kuu

《Cafe drama》
黒石市中町38番地
0172-53-7229
11:30-18:00
定休日:不定休
by marugoto_aomori | 2010-10-05 13:29 | 青森食べ歩き | Comments(8)

夏本番!・・・その1

♪ ま~つりだ、まつりだ、まつりだ ♪ (byさ◯ちゃん)ということで、県内各地で夏祭りが始まりました~!!。
4年間青森から遠ざかっていた私。青森の夏祭りをどれだけ待ちこがれていたことか・・・。うおーっ、血が騒ぐ!

ということで、真っ先に訪れたのは黒石市。黒石ねぷた祭りです。
d0007875_1352080.jpg
集合場所に集まったねぷたは60以上!。その姿を見ただけで「おおっ!」と威圧感、というのでしょうか、そんなものを感じました。
黒石と言えばこみせ通りが有名ですが、そこを進むねぷたは、ほかの場所よりもひときわ美しさを感じます。
d0007875_14142163.jpg
「ヤ~~レ~ヤ~レヤ~」のかけ声が、こみせ通り一杯に広がりました。
d0007875_14245951.jpg
大きな太鼓を叩く女性、う~ん、何とかっこいい・・・。
では、映像をどうぞ。


さて、次に訪れたのは弘前市のねぷた祭り。黒石ねぷたと同様に、扇形のねぷたが主流です。
d0007875_1452168.jpg
来年が弘前城築城400年ということで、そのマスコットキャラクター「たか丸くん」のねぷたも数多く運行されていました。
d0007875_1475367.jpg
巨大な太鼓の叩き手、憧れますね~。一度やってみたいなぁ。
「ヤ~ヤ~ド~」のかけ声とともに巨大なねぷたが土手町通りを練り歩きます。
d0007875_14113067.jpg
ねぷた表側の勇ましい鏡絵よりも、裏側の見送り絵が好きな方も多いようですが、私が一番よかったなぁ、と思ったのは・・・
d0007875_14132054.jpg
このかわいい見送り絵でした。
では、映像をどうぞ。


ところで、このマーク、何だかわかりますよね。
d0007875_14282866.jpg
8月1日、青森市の青い海公園で、ギネス認定の世界新記録が誕生しました。それは、
d0007875_14303931.jpg
総勢2,000人以上によるねぶたばやしの一斉演奏です。
午前11時30分ころから約6分間、参加者全員の気持ちが一体となり、見事なねぶたばやしが演奏されました。そして、無事に、2,320人の一斉演奏の世界新記録樹立が宣言されました。
それでは、ダイジェスト版映像をどうぞ。

しか~し、この新記録に立ち向かう新たなチャレンジャーがすでに現れているのをご存知ですか?青森ねぶたばやしのライバル(?)、それは身近にいました・・・。
d0007875_1437139.jpg
むむむ・・・、ギネスが流行っているのかな?

by ハッピーハンド
by marugoto_aomori | 2010-08-03 14:40 | 青森の旅 | Comments(0)

りんご農家がつくったワインです。

d0007875_957878.jpg
生産量日本一の青森りんご。生で食べるも良し、加工してジュースで飲むも良し、の世界に誇れる逸品です。
先日、黒石市にある津軽伝承工芸館で、また一つ、りんごを使った商品が発表されました。
d0007875_1025411.jpg
「春から先は ずっと幸せ りんご酒」と、少々長いネーミングのスパークリングワインです。
製造したのは、グリーンツーリズムをメインに活動しているNPO法人「くろいし・ふるさと・りんご村」で、黒石市温湯地区のエコファーマーを中心に結成されています。

d0007875_10141142.jpg
NPO理事長の千葉さんによると、昨年度までは、北海道にあるワイン会社に「春待ちりんご酒」という名前で製造を委託していたそうですが、技術指導などを受け、今年度からはNPO自らが製造するようになった、ということです。
使用しているりんごは、NPOの会員が丹精込めて育て上げたサンふじのみ。醸造からビン詰めまで、すべて手作業で行っているそうです。

d0007875_102273.jpg
発表会後には試飲会が行われ、出席者の方が次々と試飲していきます。
d0007875_10275627.jpg
甘さ控えめの味に、会場の反応も良かったようです。
当然私たち(kuuさんも来ています)も香りを楽しみ、クイッと一杯。・・・私たちがこの発表会に出席したのは、この試飲のためだけ、という誤解もあるようですが、そんなことはありません。
・・・ただ、1杯で終わらなかったのも事実です。
by ハッピーハンド

今年度製造されたりんご酒は3,000本。7月21日から発売が開始されています。2010年産のりんごを使ったりんご酒は、12,000~13,000本を製造する予定です。

<春から先はずっと幸せりんご酒>
1本:500ml入り 1,950円
アルコール度数 7%

<販売している場所>
津軽伝承工芸館 黒石市大字袋字富山65-1 TEL:0172-59-5300
青森県観光物産館アスパム 青森市安方1-1-40 TEL:017-735-5311
弘前銘醸 弘前市大字富田3-7-1 TEL:0172-32-4241
八甲田リゾートホテル 青森市大字荒川字寒水沢1-58 TEL:017-738-223

<NPO法人 くろいし・ふるさと・りんご村
黒石市大字温湯字派15-4 TEL:0172-54-8210
by marugoto_aomori | 2010-07-27 11:22 | あるあるこんなもの | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング